FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第四回 METALもいいけどPOPもね

2008年11月30日 00:00

NEW SURRENDER
↑クリックで拡大

hazφme :今回のレビューはアメリカ出身のpopsバンドAnberinの"NEW SURRENDER"(2008年発売)です。

hazφme :shyachiはこのバンドについてどうおもうよ?

shyachi :このバンドって基本ロックぽいけど、ポップスでもあるように思えるな。どちらも使い分けてる感じ。
何が言いたいのかって言うと方向性がはっきりしているんだけど作品としては、けして傾いた曲調じゃなく今までリリースされたアルバムからも万人受けする曲作りをしているって感じがするね。
ようは聞きやすいんだよ。w

hazφme :なるほど。それはボーカルのスティーブン・クリスチャンが作曲を担当しているっていうのも一つの理由かもね。やっぱりメロ重視のpopsでは歌い手が作曲したほうが雰囲気でるしなにより聞き手としても分かり易いしね。自分は他人が作るのより絶対いいような気がするんだ。

shyachi :そうだね。やっぱりそこら辺の自分達のスタイルを大切にする所も、インディーズ上がりって感じがするね。

hazφme :アメリカンインディーズシーン最後の大物って言うくらいだからねw学生のころに自主制作したデモで今の配給会社(Tooth&Nail)に一発合格だったっていうのは有名な話。

hazφme :shyachi、ずばりこのアルバムでおすすめの曲は?

shyachi :今回のアルバムでは三曲目の「Blame me! Blame me!」がすきだな~。「秋」って感じ。曲名の割にテンポが良くてのりやすいw

hazφme :自分は二曲目の「BREAKING」かな。こうゆう開放感のある曲が好きですw

shyachi :収録曲全体としても何がテーマか分かり易い曲ばかり。シンプル・イズ・ベストな感じがいいねw

hazφme :日本では認知度はそんなに高くない(?)けど洋popsだったら自分はまずこのバンドを押します。

--------------------------------------------------------------------------------
"NEW SURRENDER"収録曲「BREAKING



--------------------------------------------------------------------------------
※ひとまず"イチオシ洋楽アルバム特集Part1"は今月で終わりです。12月の特集は"イチオシ国内インディーズアーティスト特集"です。お楽しみに。。
スポンサーサイト

第三回 我輩はエモである

2008年11月23日 00:00

UNDER THE SILVER OF MACHINE
↑クリックで拡大

hazime :このアルバムはエモーショナル・ロックの魅力を再認識させられるきっかけになりましたw

shyachi :今週はLast Winterの自身二枚目でワールドデビューアルバムとなった"UNDER THE SILVER OF MACHINES"(2007年発売)です。

shyachi :いや~エモ最高だわw

hazime :w 

hazime :えっとこのアルバムの説明としてはアメリカ出身の5人組みのバンドLast Winterが彼らのテーマである「モダン・ロックとエモの融合」を徹底的に追求しました。と言ってもクオリティーとしては過言では無いと思う。
エモ・ロック特有の透明感と爽快感のある曲調と歌詞にキャメロン・ミゼル(当時のボーカル)の歌声がもう映える映えるww

shyachi :エモって「Emotion」の略語で、「感情的な」って意味。
クラシックとは対極のジャンルだね。
特に彼らはエモロックの王道を突っ走ってる。

hazime :世界観的にはトランス等の電子音楽を聴いているような感覚に近いように感じるね。

shyachi :俺が彼らのファンになったのはそういうところがあるからかも。

shyachi :おすすめは「Our Summer in Illinois」と「Starlight Drive」。
前作のアルバム「Transmission:Skyline」(2006年発売)にも入ってるから是非聴き比べてみてくださいな。

hazime :百聞は一聴にしかず(?)ロック・洋楽ファンもそうでない人もエモ・ロックをチェックしてみてわ?

--------------------------------------------------------------------------------
"UNDER THE SILVER OF MACHINES"の公式PV

第二回 ソナタ・ワクt(ry

2008年11月16日 00:00

Ecliptica
↑クリックで拡大

hazime :今回はソナタ・アークティカの1999年発売の同名のアルバムのリメイク"ECLIPTICA"のレビューです。

shyachi :一曲目から全力疾走でやられましたw

hazime :本当にこのアルバムの曲はメロディック・スピード・メタルそのもの。

shyachi :やっぱりこういう疾走系が彼らのスタイルだよね。

hazime :あと忘れちゃ行けないのは特徴的なキーボード。 このクラシカルな感じはもはや彼らの代名詞でしょう。

shyachi :去年五枚目のアルバム"Unia"をリリースしたこのタイミングでこのリマスターエディションはココロニクイww

hazime :ファーストアルバム~サードアルバムぐらいまでは疾走系が多いけどフォースあたりでシンフォニックよりになったね。 この機会に聞き比べてみても面白いかもね。

shyachi :本当に彼らがまだデビュー当時の勢いにのったアルバムに仕上がっていて聴きやすさと聴き応え十分の名盤に仕上がっています。

hazime :激しさはまったくないのでメタルなんか普段聞かないよって人にもおすすめ。カッコ様の声に聞き惚れてくださいw

------------------------------------------------------------------------

shyachiおすすめの"Blank File"


第一回 俺たちタイプ遅っっっwwww

2008年11月09日 17:00

hazime :最初のテーマは?>しゃちよ

shyachi :自己紹介ってことでいいんじゃない?ってかほかになにが(汗

hazime :じゃあ俺から?

shyachi :んにゃ

hazime :hazimeと申します。サイトでは某音ゲーの作品を何個か載せてますw趣味は音楽鑑賞(ジャンル問わず)、機械いじりってとこですかねw とりあえず音楽が三度の飯より好きっていう人間です。

shyachi :硬いw

hazime :しらんw

shyachi :はい、プログラム兼H&S手伝いのshyachiで~す。なぜか本職であるはずのpiよりもプログラムが得意なのは内緒 (プログラムっていってもActionScriptメインですが

shyachi :最近は映画観賞・ネットサーフ・音楽鑑賞が趣味ですかね。

hazime :こんな二人が自分たちの趣味や最近気になったことなどを会話チャットの会話を交えて紹介していこうというブログになりそうですw ってな感じでおk?

shyachi :んにゃ

hazime :会話形式のブログってだいぶめずらしいんじゃね?

shyachi :めんどくさがり屋ですからね、私たちは。

hazime :会話形式だと伝わりやすいしねw

shyachi :だね。

hazime :この調子で週一更新がつづくといいんですがw

shyachi :だね。

hazime:最初のうちは音楽関係ネタでいくんだっけ?

shyachi :アーティストレビューはどこのブログでもやってるから、私たちは作品を中心に紹介したいと思います。ちなみに第一回目は「Sonata Arctica」さんのアルバム"ECLIPTICA"で~す。

hazime :最近リマスター版がでたあれですねw メロスピワクテカww

shyachi :他にも候補はいろいろあるんでおたのしみに~

hazime :じゃあ最後にひとこと

shyachi :かなりぐだぐだなBlogになりそうですが、磁界をお楽しみに~

shyachi :訂正:磁界>>次回

hazime :orz


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。